遺言・相続・成年後見・不動産登記・会社設立・裁判手続

司法書士いまよし事務所


〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-2-8 YS新大阪ビル6F

阪急南方駅・地下鉄西中島南方駅徒歩1分、JR新大阪駅徒歩8分!

06-6195-3470

営業時間

9:30~19:00(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

お気軽にお問合せください

2016.6.18 未登記の建物を相続するには

相続が発生し、さあ、不動産の相続登記をしよう、と思ったら建物の登記がされていなかった。あるいは、相続財産を調査しようと、役所で固定資産の名寄帳をとってみたら、登記されていない建物があった。

さて、相続するにはどうすればいいのか、といったご相談があります。

建物の登記と、固定資産の把握はそれぞれ法務局、役所が管理します。

たとえ、建物が未登記であったとしても、役所が調査して建物の現況を把握すると、固定資産税が課税されます。

本当は、建物を建てたらすぐに登記しないといけない決まりになっているのですが、未登記建物は結構存在します。

 

こういった未登記の建物であっても相続財産にはかわりありません。

めんどくさいし、今まで登記されていなかったし、このまま放置する、という方もいらっしゃいます。

あるいは、古い建物だから解体してしまうという場合もあります。この場合は、わざわざ登記する必要もありません。

 

きちんと相続するためには、まず、登記簿を起こす作業から始めます。

登記簿を起こす、つまり、表題部の登記をまずやる必要があるのです。

表題部は、建物の形状などを登記するもので、土地家屋調査士が専門です。

土地家屋調査士が現場で調査をして、表題部登記(表示登記)を行います。

 

そのあとで、相続人である所有者の登記、所有権保存登記を行います。

相続人が複数あって、遺産分割協議を行う場合、未登記の不動産の場合は、固定資産評価証明書に記載されている通りに不動産の表示を記入して特定しておきます。

田舎の不動産では、工務店が建物を建てたが、登記せずにそのまま、という事案が多いです。

また、増改築を行って、建物の形状が変わっている場合も、登記が必要です。

未登記建物では、所有者の情報が公示されませんから、第三者からすると誰の者かわかりませんし、

相続して、いざ売却しようと思っても、登記がされていないとすぐに売却することもできません。

相続財産に、未登記の不動産がある場合、すぐに取り壊すなどの予定がないのであれば、相続登記を行っておくべきでしょう。

 

 

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-3470

受付時間:9:30~19:00

(予約により時間外、土日祝も相談可能)

業務エリア

【大阪府】

大阪市(旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)

池田市・茨木市・吹田市・豊中市・箕面市・摂津市・高槻市・豊能郡 ※その他大阪府全域

※その他近畿一円(兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)

電話・メール相談無料

 司法書士 今吉 淳
 大阪司法書士会所属

06-6195-3470

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
(土日も対応可能です)

代表プロフィールはこちら

営業時間:9:30~19:00
(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

法定相続情報証明制度が始まりました

平成29年5月29日(月)から全国の法務局において、各種の相続手続きに利用できる「法定相続情報証明制度」がスタートしました!

詳細はこちら

平成28年10月1日から商業登記申請に、株主リストの添付が必要です。
株主名簿は整備は済んでいますか?

詳細はこちら

戸籍や住民票、印鑑証明書や登記簿謄本など、どこの機関でどの書類を取得できるのかを知っておくと便利です。

詳細はこちら