遺言・相続・成年後見・不動産登記・会社設立・裁判手続

司法書士いまよし事務所


〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-2-8 YS新大阪ビル6F

阪急南方駅・地下鉄西中島南方駅徒歩1分、JR新大阪駅徒歩8分!

06-6195-3470

営業時間

9:30~19:00(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

お気軽にお問合せください

定款の変更

定款とは

すでに会社を設立された方、定款はどのように管理されていますか? 
設立時からなんら変更なく、放置したまま金庫に眠っていませんか? 
会社法施行後、大きく定款ルールが変わったことをご存知ですか?

 

会社を設立するために「定款」は絶対に必要なものです。 
定款は会社の根本ルールであり、会社を設立するとき、発起人が決定します。
会社設立の際に発起人が作成した定款を特に「原始定款」と呼んでいます。

定款は会社の根本ルールですから、その規定は定款作成に関与した発起人に限らず、会社に加入する株主および役員等の機関を拘束するものですが、当然ながら法令およびいわゆる「公序良俗」に違反する内容を定めることはできません。 

 

しかし、旧商法時代に比べて、会社法が施行された現在、法令による制限は大幅に緩和され、実質的に会社運営に関するほとんどの規則については、会社自身が自由に定めることが可能です。

昔、旧商法時代はそのほとんどすべての事項について法の規則が課せられていた定款だったのに対し、現在はごく一部の絶対的記載事項および公序良俗違反を除いて、そのほとんどすべての事項について自分で決めることができるようになりました。

定款の記載事項

会社法が施行され、公序良俗や強行法規に反しない限り、どのような内容でも相対的記載事項、任意的記載事項として記載することができますが、一度定款に記載すると会社内部の利害関係人(株主等)を拘束することになり、これを変更するには定款変更手続きを要することになります。

絶対的記載事項

定款に定めることを要する記載事項で、これらの記載がないと定款自体が無効になります。 

  • 目的
  • 商号 
  • 本店の所在地
  • 発行可能株式総数 
  • 設立に際して出資される財産の価格またはその最低額 
  • 発起人の氏名または名称および住所
相対的記載事項

定款に記載していなくても、定款自体の効力が否定されることはないのですが、定款に定めておかなければその事項の効力が生じません。主なものは次のとおりです。

  • 現物出資、財産引受、発起人の報酬、設立費用の定め
  • 株式の内容についての特別の定め 
  • 種類株式に関する事項および発行可能種類株式総数 
  • 株式の譲渡制限 
    (一部の株式のみに譲渡制限を設定することも可能) 
  • 譲渡承認の決定機関を株主総会(取締役会)以外の機関とする場合の機関の定め
  • 取締役会議決による自己株式の取得 
  • 株券を発行する旨の定め 
  • 株主総会の議決(定足数の排除・緩和、決議要件の加重) 
  • 種類株主総会の議決(定足数の排除・緩和、決議要件の加重) 
  • 株主総会、取締役会以外の機関の設置 
  • 取締役会の決議省略 
  • 役員等の責任免除、社外取締役等の責任限定契約に関する定め 
  • 中間配当 
  • 公告方法 
  • 株主総会招集通知のインターネット開示とみなし提供
任意的記載事項

任意的記載事項は、定款に記載されていなくても定款自体が無効になることはないのですが、それらを定款に記載することによって、遵守すべき事項となります。
たとえば、任意的記載事項には次のようなものがあります。

  • 定時株主総会の招集時期 
  • 株主総会の議長 
  • 取締役、監査役等の員数 
  • 代表取締役の選定 
  • 役員報酬 
  • 役付取締役の規定 
  • 事業年度の定め 

会社法施行後の定款

平成18年5月1日より新会社法が施行されました。 
整備法により施行日以降は、既存の株式会社は、会社法の規定による株式会社として存続するものとされ、定款に関して、旧株式会社の定款は、「新株式会社の定款とみなす」と規定されました。

有限会社においては既存の有限会社が廃止され、「特例有限会社」が、会社法上の株式会社として存続するとされました。基本的に、既存の有限会社は登記を申請する必要もなく、登記官の職権登記によって登記簿上は「特例有限会社」に移行しています。
また、定款においても多くの、みなし規定が置かれています。 

これまでの旧商法時代では、株式会社においては、会社の組織や規律は統一的に法律で規制されていたため、どの株式会社の定款を見ても似たり寄ったりな内容の定款でした。以前の会社設立では、商号と本店を入れてほぼ完成してしまう市販の定款ひな型でも事が足りていたわけです。 

しかし、新会社法では、「定款自治」といわれるように、法律の規制は最小限にとどめ、定款に定めることによって会社の実情に沿った企業運営ができるようになっているのです。

定款の見直し・カスタマイズについて

登記事項に関する定款の決め方、変更手続きは各変更登記のページをご覧ください。
ここでは、それ以外の定款記載事項で見直しをしておいたほうがよいと思われる内容をご紹介します。

会社の機関設計の見直し

新会社法施行前、株式会社を設立するには、取締役は必ず3名以上、監査役も必須、取締役会も必ず設置されていました。新会社法以前に設立された会社は、自動的に取締役会設置会社、監査役設置会社と登記されています。
ところが現在は、取締役は1名でも可能、監査役を置かなくても可能になっており、自由な機関設定が可能になっています。従前、会社を興すために人数合わせのためだけに取締役や監査役になってもらうこともあったと思いますが、現在はそのような必要もなく、会社の実情に即した役員構成が可能です。 

 

具体的には、

 

非公開会社

公開会社

大会社以外

  1. 取締役のみ
  2. 取締役+監査役(会計監査)
  3. 取締役+監査役
  4. 取締役会+会計参与
  5. 取締役会+監査役(会計監査)
  6. 取締役会+監査役
  7. 取締役会+監査役会
  8. 取締役+監査役+会計監査人
  9. 取締役会+監査役+会計監査人
  10. 取締役会+委員会+会計監査人(委員会設置会社)
  11. 取締役会+監査役会+会計監査人(監査役会設置会社)
  1. 取締役会+監査役
  2. 取締役会+監査役会
  3. 取締役会+監査役+会計監査人
  4. 取締役会+委員会+会計監査人(委員会設置会社)
  5. 取締役会+監査役会+会計監査人(監査役会設置会社)

大会社

  1. 取締役+監査役+会計監査人
  2. 取締役会+監査役+会計監査人
  3. 取締役会+委員会+会計監査人(委員会設置会社)
  4. 取締役会+監査役会+会計監査人(監査役会設置会社)
  1. 取締役会+委員会+会計監査人(委員会設置会社)
  2. 取締役会+監査役会+会計監査人(監査役会設置会社)

 

株式の譲渡制限規定を置いている会社を非公開会社、そうでない会社を公開会社といいます。非公開会社では、株式を譲渡するときに代表取締役や株主総会、会社等の承認を必要としますので株主の分散を防止するためには必ず設定します。中小企業の多くは、非公開会社ですから、上記のようなシンプルな機関設計が可能です。
機関設定を変更することで、役員がかけた時に名目上の役員を探して取締役に就任してもらったりする無駄な仕事もなくなり、これまで役員全員の実印が必要だったわずらわしさもなくなります。会社の実情に合わせて、役員を自分一人にして身軽にしたり、公開会社から新たに非公開会社に変更したうえで、役員を一人にすることも可能です。

 

役員の任期の変更

これはご存知の方も多いかと思います。
非公開会社の場合、取締役監査役の任期は10年まで伸ばすことが可能です。
従来は取締役2年、監査役4年という任期が原則であったため、2年、4年ごとに役員変更登記をする必要がありましたが、定款を変更して任期を変更すれば変更登記の煩雑さから解放されます。ただし、その分任期途中で役員を外したい場合には、辞任していただくか、解任手続きが必要になります。
役員の任期は登記事項ではありませんので、株主総会の決議で変更できます。

 

株券発行の定めの廃止

株券に関しては新会社法では旧商法と取り扱いが反対で、株券を発行しない会社が原則となりました。現在会社を設立する場合、定款で定めた場合にのみ、株券を発行することができます。新会社法前に設立された会社で株券不発行の登記がない会社は、自動的に株券発行会社として登記されています。
しかし、中小企業で実際に株券を発行している会社は少なく、今後登記の際に株券提供公告等の手続の煩雑さなどを考えると、株券発行の旨の登記を廃止したほうがよい場合もあると思います。

 

株式の譲渡制限

「当会社の株式を譲渡により取得するには株主総会の承認を受けなければならない。」 
一般の中小企業のほとんどが株式譲渡制限会社でしょう。
株式を譲渡するには会社の承認が必要である定めのことで、登記事項です。
承認機関は株主総会でも、代表取締役でも構いません。
株式の分散を防ぎ、会社の経営を安定ものにするための必須の規定です。

 

相続人に対する株式の売渡請求

「当会社は、相続その他一般承継により等会社の株式を取得した者に対し、当該株式を当会社に売り渡すことを請求することができる。」 
株式の分散の原因として相続があります。遺言で株式の帰属を定めておくことも重要ですが、遺言がなく相続によって株式が分散する恐れがある場合有効な定めです。

 

その他文言修正

新会社法によって単純に文言が変更されている箇所もあります。登記のご依頼をいただいたとき、あまりに古い定款を持ってこられると昔の記載のままになっています。
取引先等に提出を求められたとき、あまりに古い定款のままの状態で持っていくのはいかがなものかと感じます。やはり、単純な文言の変更であっても、常に新しい法律に対応しておいたほうがよろしいのではないでしょうか。 

 

たとえば、

従来

新会社法

 発行する株式の総数

 発行可能株式総数

 営業年度

 事業年度

 利益配当金

 剰余金

定款変更・カスタマイズのご相談について

たとえば、よくあるご相談で、従前の公開株式会社を実情に即したコンパクトなものに変更したいというものがあります。

具体的には定款変更を行い、

  • 株式譲渡制限会社に変更
  • 取締役会の廃止
  • 監査役の廃止
  • 取締役の人数を最小限に変更、任期を10年に変更
  • 株券発行会社である旨を廃止
  • 必要に応じて役員変更、商号目的変更、本店移転
  • その他文言等所要の変更

等を一括して行います。

まずはお気軽にご相談下さい。
ご相談には会社の登記事項証明書、定款、株主名簿をご持参ください。

ご依頼の流れ
  1. ご相談・御見積
  2. ご依頼・定款変更案、必要書類作成
  3. 株主総会サポート可、必要書類への押印・ご本人様確認・費用お支払い 
  4. 変更登記が必要な場合登記申請 
  5. 登記完了後、登記事項証明書、新定款のお渡し、お預かり書類のご返却

 

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-3470

受付時間:9:30~19:00

(予約により時間外、土日祝も相談可能)

業務エリア

【大阪府】

大阪市(旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)

池田市・茨木市・吹田市・豊中市・箕面市・摂津市・高槻市・豊能郡 ※その他大阪府全域

※その他近畿一円(兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)

電話・メール相談無料

 司法書士 今吉 淳
 大阪司法書士会所属

06-6195-3470

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
(土日も対応可能です)

代表プロフィールはこちら

営業時間:9:30~19:00
(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

法定相続情報証明制度が始まりました

平成29年5月29日(月)から全国の法務局において、各種の相続手続きに利用できる「法定相続情報証明制度」がスタートしました!

詳細はこちら

平成28年10月1日から商業登記申請に、株主リストの添付が必要です。
株主名簿は整備は済んでいますか?

詳細はこちら

戸籍や住民票、印鑑証明書や登記簿謄本など、どこの機関でどの書類を取得できるのかを知っておくと便利です。

詳細はこちら