遺言・相続・成年後見・不動産登記・会社設立・裁判手続

司法書士いまよし事務所


〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-2-8 YS新大阪ビル6F

阪急南方駅・地下鉄西中島南方駅徒歩1分、JR新大阪駅徒歩8分!

06-6195-3470

営業時間

9:30~19:00(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

お気軽にお問合せください

遺言が必要なケース

遺言を作っておいた方がよいと考えられる事例紹介です。

子がなく、配偶者に全財産を相続させたい

活用頻度の多い事例です。

結婚しているが、子どもがいない場合、相続人は配偶者と被相続人の直系尊属、あるいは、配偶者と被相続人の兄弟姉妹になります。自動的には配偶者に全財産は相続されません。

こういった場合、よくトラブルになるのが、配偶者と被相続人の兄弟姉妹の場合です。そもそも、さほど付き合いのない場合も多く、遺産の分け方で四苦八苦してしまうようです。

兄弟姉妹には遺留分がありませんから、あらかじめ、全財産を配偶者に相続させるように遺言しておけば、スムーズに相続手続きを進めることができます。

 

推定相続人以外で、世話になった人に財産を分けたい

これを遺贈、といいます。推定相続人以外に財産を分けるには、生前に贈与するか、亡くなった際に贈与する死因贈与契約、そして、遺言による方法があります。

たとえば、内縁の妻は相続する権利がありませんから、財産を渡すには遺言を作成しておくのがよいでしょう。

 

特定の相続人にだけ財産を多く分けたい

遺言がなければ、相続人全員による遺産分割によって相続、あるいは法定相続分で相続することになります。

生前に特に面倒をみてくれた相続人に多く財産をあげたいと思うこともあるでしょう。逆に、財産をほとんど渡したくない場合もあるかもしれません。

そういった場合にも、遺言を活用できます。

事業承継をスムーズに行いたい

事業を継いでくれる相続人に集中して事業資産や株式を相続させ、それ以外の相続人には事業に関係のない財産を分けることで、株式の分散を防いだり、事業の継続をしやすくすることが可能です。

前妻との間に子がいる場合

遺言を作成しておくべきケースです。

基本的に前妻との間の子と後妻は疎遠であることが多いです。仮に後妻との間に子がない場合、夫が死亡すると、相続人は前妻との間の子と後妻ということになります。

自宅がある場合、遺産分割が整わなければ後妻が単有で取得することもできません。

トラブルになりやすいのもこのケースなので、遺留分に配慮した上で遺言することをお勧めいたします。

推定相続人に行方不明者がある場合

相続人のなかに行方不明者がある場合、その相続人を探し出さなくては遺産分割協議ができません。不在者財産管理人制度や、失踪宣告などの制度を使わなければならなくなると、時間も費用もかかってしまいます。

このような場合は遺言を作っておくべきでしょう。

推定相続人同士が仲が悪い場合

子どもたちの仲が悪い、あるいは、自分の兄弟姉妹の仲が悪い場合、遺産分割協議がもめることが予想されます。

もめるだけもめて協議が成立しなければ、いつまでたっても相続手続きが進みません。

不動産登記も、預貯金の払戻しもできません。こういった事態に備えるために遺言を作成しておくことは有効な手段です。

 

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-3470

受付時間:9:30~19:00

(予約により時間外、土日祝も相談可能)

業務エリア

【大阪府】

大阪市(旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)

池田市・茨木市・吹田市・豊中市・箕面市・摂津市・高槻市・豊能郡 ※その他大阪府全域

※その他近畿一円(兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)

電話・メール相談無料

 司法書士 今吉 淳
 大阪司法書士会所属

06-6195-3470

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
(土日も対応可能です)

代表プロフィールはこちら

営業時間:9:30~19:00
(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

法定相続情報証明制度が始まりました

平成29年5月29日(月)から全国の法務局において、各種の相続手続きに利用できる「法定相続情報証明制度」がスタートしました!

詳細はこちら

平成28年10月1日から商業登記申請に、株主リストの添付が必要です。
株主名簿は整備は済んでいますか?

詳細はこちら

戸籍や住民票、印鑑証明書や登記簿謄本など、どこの機関でどの書類を取得できるのかを知っておくと便利です。

詳細はこちら