遺言・相続・成年後見・不動産登記・会社設立・裁判手続

司法書士いまよし事務所


〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-2-8 YS新大阪ビル6F

阪急南方駅・地下鉄西中島南方駅徒歩1分、JR新大阪駅徒歩8分!

06-6195-3470

営業時間

9:30~19:00(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

お気軽にお問合せください

2016.6.10 不動産競売申立からの債権回収成功事例

以前に、公示送達で勝訴判決をもらい、不動産の競売手続きに進んだという記事を書きました。

→この記事です(ある貸金請求裁判の公示送達と現地調査

ちなみに司法書士は競売に関しては代理権がありませんから、競売申立の書類作成で関与します。

その後、競売開始決定がなされました。

予納金は高額でしたが、不動産の価値を考慮しても、回収できるであろうと考えたのです。

その後は、粛々と競売手続きが進んでいくのですが、その不動産には債務者は住んでいませんでした。

もともと、公示送達で裁判したので、居所が不明です。その代わり、親族か誰かが居住しているようでした。

開始決定は送達されたようです。

 

現況調査報告書、評価書が提出されたころ、音信不通の債務者から突然連絡があったとのことでした。

なんでも、貸金の元金を分割で支払いたい、と言われたとか。

依頼者は、ばかばかしくて話にならん、とその申し出を断りました。

おそらく、裁判所の人間と、不動産鑑定士が自宅にやってきて、ことの重大さを認識し、あわてたのでしょう。

まさか、そこまでするとは思っていなかったのかもしれません。

そして、しばらくたってから、今度は弁護士から連絡がきた、とのことでした。

何としても、競売は避けたいようです。

相手側の提案は、元金と遅延損害金も判決どおりに一括で払う、とのこと。

しかし依頼者は、競売申立に費用をかけているのだから、その分ももらわないと割に合わないと考えました。

 

競売申立の予納金は、競売で不動産が売却できれば、そこから回収できます。

そして、余った分は返してもらえます。

 

そこで、裁判所に、予納金の使用状況と残高を確認し、これまでに使用した分、不動産鑑定士の鑑定費用に充てられた分なども上乗せして払うよう要求。

依頼者は頑張って交渉しました。

結局、依頼者の要求どおりに和解することができたのでした。

本当に裁判から回収まで時間がかかりましたが、依頼者の方も回収は難しいと考えていた事案だったので、満足している様子です。

私としても、書類作成を通して支援できたことを、うれしく思っています。

 

 

 

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-3470

受付時間:9:30~19:00

(予約により時間外、土日祝も相談可能)

業務エリア

【大阪府】

大阪市(旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)

池田市・茨木市・吹田市・豊中市・箕面市・摂津市・高槻市・豊能郡 ※その他大阪府全域

※その他近畿一円(兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)

電話・メール相談無料

 司法書士 今吉 淳
 大阪司法書士会所属

06-6195-3470

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
(土日も対応可能です)

代表プロフィールはこちら

営業時間:9:30~19:00
(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

法定相続情報証明制度が始まりました

平成29年5月29日(月)から全国の法務局において、各種の相続手続きに利用できる「法定相続情報証明制度」がスタートしました!

詳細はこちら

平成28年10月1日から商業登記申請に、株主リストの添付が必要です。
株主名簿は整備は済んでいますか?

詳細はこちら

戸籍や住民票、印鑑証明書や登記簿謄本など、どこの機関でどの書類を取得できるのかを知っておくと便利です。

詳細はこちら