遺言・相続・成年後見・不動産登記・会社設立・裁判手続

司法書士いまよし事務所


〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-2-8 YS新大阪ビル6F

阪急南方駅・地下鉄西中島南方駅徒歩1分、JR新大阪駅徒歩8分!

06-6195-3470

営業時間

9:30~19:00(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

お気軽にお問合せください

お客様からお問い合わせがありました。

「相続放棄をしたいんですけど~。」

「相続放棄ですね。どなたの相続放棄ですか?」

「父親ですねん。母親と、私を入れて3人の子どもがいますねん。」

「お父様がお亡くなりになられたわけですね?」

「いやいや、父はまだ生きてますねん。」

「??」


よくよく聞いてみると、父親が将来亡くなったとき、財産を全部母親に移るようにしたいので、自分たち3人の子どもがあらかじめ相続放棄をしたいのだということです。

よくわかりました。


しかし、生前に相続放棄をすることはできません。

この場合、方法としては父親に遺言を作成してもらうこと。

そしてさらに有効な手段としては、遺留分放棄の許可も家庭裁判所に申立ることです。


遺言で、全財産を母親、つまり父親の妻に相続させると書けば、優先的に母親に財産を相続させることはできます。

しかし、子どもたちにも相続する権利として、遺留分というものがあります。

遺留分は今回の場合、法定相続分6分の1の半分、12分の1ずつです。

この12分の1の相続分は、遺留分として守られているので、遺言ですべて母親に相続させたとしても、遺留分減殺請求(要するに取り返すこと)をすることができるのです。


そこで、今回の主旨をより完全なものにするために、あらかじめ遺留分を放棄することができるのです。

遺留分を放棄した相続人は、遺留分請求をすることができなくなります。

遺言とあわせてこの制度を利用することで、確実に母親に遺産を残すことが可能です。


相続放棄となんとなく似ていますが、

相続放棄ははじめから相続人でなかったことになるのに対し、

遺留分放棄のほうは、相続人であることには変わりません。

 

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-3470

受付時間:9:30~19:00

(予約により時間外、土日祝も相談可能)

業務エリア

【大阪府】

大阪市(旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)

池田市・茨木市・吹田市・豊中市・箕面市・摂津市・高槻市・豊能郡 ※その他大阪府全域

※その他近畿一円(兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)

電話・メール相談無料

 司法書士 今吉 淳
 大阪司法書士会所属

06-6195-3470

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
(土日も対応可能です)

代表プロフィールはこちら

営業時間:9:30~19:00
(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

法定相続情報証明制度が始まりました

平成29年5月29日(月)から全国の法務局において、各種の相続手続きに利用できる「法定相続情報証明制度」がスタートしました!

詳細はこちら

平成28年10月1日から商業登記申請に、株主リストの添付が必要です。
株主名簿は整備は済んでいますか?

詳細はこちら

戸籍や住民票、印鑑証明書や登記簿謄本など、どこの機関でどの書類を取得できるのかを知っておくと便利です。

詳細はこちら