遺言・相続・成年後見・不動産登記・会社設立・裁判手続

司法書士いまよし事務所


〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-2-8 YS新大阪ビル6F

阪急南方駅・地下鉄西中島南方駅徒歩1分、JR新大阪駅徒歩8分!

06-6195-3470

営業時間

9:30~19:00(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

お気軽にお問合せください

訴訟代理手続・本人訴訟支援業務

簡易裁判所における訴訟代理手続

司法書士は簡易裁判所において、弁護士と同様に訴訟代理人の活動ができます。
簡易裁判所では請求額140万円までの裁判が行われます。
普通の訴訟以外にも、少額訴訟や支払督促などの手続が用意されています。
請求する金額や、相手方の対応によって制度を使い分けることが可能です。
さらに、簡易裁判所における請求額の範囲であれば、訴訟外においての和解交渉の代理も可能です。

本人訴訟支援業務  

司法書士は裁判所に提出する書類、わかりやすくいえば、訴状や準備書面、答弁書などの作成ができます。地方裁判所以上の管轄、家庭裁判所管轄では司法書士には代理権がありません。
そのような場合、弁護士さんに訴訟代理を依頼するか、本人自身が裁判を行う方法があります。
弁護士に依頼せず自分で裁判をしたい場合、訴状などの書類を司法書士に依頼して、裁判所には自分が出頭し法廷に立って弁論する方法を本人訴訟といいます。

本人訴訟は、期日に出頭するため、お仕事の調整等が必要ですが、自分の裁判の内容を把握できるというメリットがあります。

裁判を起こす前に 

内容証明郵便などで相手方に金銭等を請求したが、応じてもらえない場合、最終的に裁判をすることになります。
裁判で勝訴すれば、原告の請求権が認められ、相手方が応じない場合には強制執行(相手方の財産に差押えをして回収すること)ができるようになります。

しかし、相手方にめぼしい財産がなかったらどうなるでしょうか。
執行は空振りに終わり、手続費用倒れに終わることもあります。
裁判にかかる印紙代や郵便代も馬鹿になりません。
まずは、相手方の支払能力や支払意思、財産の有無などをできる限り把握しておく必要があります。

証拠を揃えましょう

裁判を起こして、その請求権に関して相手方が争ってきた場合、基本的に請求する側がその請求権の存在を証明する必要があります。
証明する方法のことを証拠というのですが、例えば、貸金請求であれば借用証書が証拠になります。証拠が何もなく、証人もいないということでは、請求権が認めてもらえない可能性があります。

これから、お金を貸したり、契約をしようとする場合には、後の紛争に備えて必ず証拠書面を作成しておきましょう。
なお、契約書面はなんでもよいわけではなく、中身にも気を配る必要があります。
例えば借用証書であれば、いつ、いくら貸して、利息はどうするのか、支払期限をどうするのか、返済は分割にするのか、分割にした場合の期限の利益喪失はどうするのか、などです。

この期限の利益喪失条項を入れていないばかりに、いつまでたっても一括請求ができないというようなこともありえます。
そのような契約書面の作成を依頼したい場合もご相談ください。 

こんなときにはご相談を 

  • 貸したお金を返して欲しい
  • 未払い賃金を払って欲しい
  • 慰謝料請求をしたい
  • 敷金返還請求をしたい
  • 過払い金を返して欲しい
  • 売掛金を回収したい
  • クーリングオフをしたい
  • 離婚調停の申立書を作って欲しい
  • 遺産分割調停を申し立てたい
  • 相続放棄申述をしたい
  • 成年後見申立をしたい

など

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6195-3470

受付時間:9:30~19:00

(予約により時間外、土日祝も相談可能)

業務エリア

【大阪府】

大阪市(旭区・阿倍野区・生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)

池田市・茨木市・吹田市・豊中市・箕面市・摂津市・高槻市・豊能郡 ※その他大阪府全域

※その他近畿一円(兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)

電話・メール相談無料

 司法書士 今吉 淳
 大阪司法書士会所属

06-6195-3470

メールでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
(土日も対応可能です)

代表プロフィールはこちら

営業時間:9:30~19:00
(予約にて、土日祝・時間外も対応可能)

法定相続情報証明制度が始まりました

平成29年5月29日(月)から全国の法務局において、各種の相続手続きに利用できる「法定相続情報証明制度」がスタートしました!

詳細はこちら

平成28年10月1日から商業登記申請に、株主リストの添付が必要です。
株主名簿は整備は済んでいますか?

詳細はこちら

戸籍や住民票、印鑑証明書や登記簿謄本など、どこの機関でどの書類を取得できるのかを知っておくと便利です。

詳細はこちら